どんな情報をお探しですか?

EU 圏内のお客さまへの販売

あなたが EU(欧州連合)外にお住まいだとしても、EU 圏内のお客さまへ販売する場合、消費者保護の関連法規が適用されます。 例えば、EU 消費者権利指令 などの法令下では、EU の消費者は、EU 外の人々には聞きなれないような特別な法的保護を受けられます。 オンラインでの購入のためのルールは「遠隔地販売法」と呼ばれることがあります。

他のビジネスに対し商品を販売する Etsy セラー向けの法律や法令は異なります。例えば、Etsy ホールセールのマーケットプレイスを通して商品を購入する小売業者などです。 また、オーダーメイドの商品や生鮮品などの商品は、特定のルールでは例外となることもあるということを覚えておきましょう。 例外についてさらに詳しくは以下をご参照ください。

これは関連すると考えられる法案の完全なリストではありませんが、消費者権利指令 などの法令を見れば、主なルールがわかります。 Etsy では、そういったルールを簡略化してわかりやすくしました。 消費者権利指令に加え、他にもあなたのビジネスに適用される EU の法律や法令があります。 ご自身のビジネスにどのような法律が適用されるのかについては、専門家にご相談されることをお勧めします。

返品する権利(撤回権)

EU の遠隔地販売法によれば、商品を購入のお客さまは、14 日以内にセラーに連絡すれば、どんな理由であれ返品できる権利を有します。 この 14 日間は、お客さまが商品を購入した時点ではなく、受け取った時点から始まります。 この期間内であれば、どんな理由であれ返品することが可能です。 セラーは商品の返品について、お客さまがセラーに連絡できるのは 14 日以内であることを明示しなくてはなりません。 もしこの点について明示されていない場合、返品可能期間が自動的に 1 年に延長されますのでご注意ください

ショップポリシーを記入する際、返品と交換に応じるようにしましょう。 返品のためお客さまがあなたに連絡しなくてはならない日数を決めることができます。 EU のお客さまに販売する場合、この日数を最低 14 日間からに設定します。

このルールは、オーダーメイドやデジタルの商品、特定の生鮮品や、健康や衛生上の理由により再使用できなかったり、配達後開封されてしまう商品には適用されません。

健康や衛生上の理由により再使用できない商品の例として、イヤリングや下着などが挙げられます。 こういった性質の商品を販売し、返品を拒否したい場合、商品を保護できる包装や梱包にする必要があります。 商品がしっかり封印されていれば、お客さまは配達後に開封することになり、返品できなくなります。

このように、オーダーメイドやデジタルの商品、特定の生鮮品、健康や衛生上の理由により再使用できなかったり、配達後開封されてしまう商品に関しては、セラーはお客さまに対し、これらの商品が返品できなくなることを知らせなくてはなりません。 この点を明示しない限り、お客さまは返品可能になります。 撤回権の例外になる商品を販売する場合、どのタイプの商品が返品できなくなのるか、あなたのショップポリシーのドロップダウンメニューで選べるようにして明記します。

撤回フォーム例

お客さまに対し、返品したくなった時に使うことのできる撤回フォーム(つまり、キャンセルのためのフォーム)の見本を提供する必要があります。 そこで Etsy では、お客さまが簡単に使えるように、セラーに対するEU の法的条件を満たすサンプルフォーム を用意しました。

セラー側はこの条件を満たすために何かをする必要はありません。 Etsy では、EU のお客さまへ送る領収書メールに適切なフォームへのリンクを自動的に挿入しています。

返金ルール

現在の法令では、お客さまが返品権を適正に行使した場合、セラーは、返品の受領または返送の証明を受け取ってから 14 日以内に返金をしなくてはなりません 。 EU では、返品の際にセラーが払う返金額は、お客さまへ最初に商品を送った時の送料を含めた金額となることに注意しましょう。

価格、税、手数料

法令によれば、セラーは、お客さまが注文する前に、各商品の税金や送料、その他の手数料などの合計額を明示しなくてはなりません。 注文前にこういったコストを通知できない場合、お客さまに支払義務がなくなってしまいます。 有形の商品に付加価値税(VAT)を追加する方法については こちら で詳しくご覧いただけます。

セラーが通常予想することができない、請求される可能性のある通関手数料や関税はこちらに含まれていませんのでご注意ください。 さらに詳しくは、 通関手数料 をご覧ください。

ビジネスの透明性

EU 法では、お客さまが商品を購入する前に特定の情報をはっきりとわかりやすく表示することがセラーに求められています。 例えば、あなたの名前(個人を特定するために十分な、フルネームや会社名などの詳細)、メールアドレス、電話番号や住所などを公開しなくてはなりません。 ショップポリシーのセラー詳細セクションにもこの情報を入れましょう。 ここで提示する情報は、住所を EU 圏内に設定しているお客さまにのみ表示されます。 Etsy が、これらの情報を使ってあなたに連絡することはありません。

セラーはまた、配送日数や返品ポリシー、セラーの詳細などを「一時的ではない方法」でお客さまに提示する必要があります。 ページやポリシーへのリンクだけでは不十分です。 Etsy では、あなたが記入するセラー詳細をはじめとしたショップポリシーを、お客さまの領収書メールに含めることでこの法律に対応しています。

デジタル商品についての詳しい情報

セラーは、対応するハードウェアやソフトウェアとの互換性についてなど、デジタルコンテンツについての詳しい情報を提供しなくてはなりません。 また、お客さまに対し、デジタルコンテンツに対して適用する技術的な保護手段について知らせる必要があります。例えば、お客さまがコンテンツをコピーする権利に制限を設けることなどです。

配達日数についての情報を提供しましょう。

あなたのショップでの配達日数について明記するのは良いアイデアです。 新しい法令では、配達日数を特定しない場合、商品を不当に遅らせない範囲内で、かつ購入から 30 日以内に配達を完了させる必要があります。 商品の作成と発送に 30 日以上かかる商品を販売する場合、商品の詳細にこの点を説明し、事前にお客さまに知らせましょう。

注文を発送するまでにかかる時間をお客さまに伝えるために、発送までにかかる日数 を明記しましょう。 また、ショップポリシー内に、送付先ごとの推定配送日数を明記した表を作りましょう。

通関手数料

荷物が海外に発送される時は、輸入税、関税、さらに送付先の国によって請求される手数料がかかることがあります。 一般に、これらの金額は予想が難しく、お客さまが支払うことになるものです。

ショップポリシーでは、お客さまへのメッセージとして、追加で通関および輸入税がかかることがあること、通関では予期できない遅れが生じる可能性があることについて言及しています。 Etsy では、セラーにはそういった料金や遅延についての責任がないことを明記していますが、

Etsy のセラーである以上、ヨーロッパに限らず、送付先の国の輸入に関する法律や法令を学び、遵守するようお願いしています。 これには、荷物の内容を正確に記載することも含まれます。 例えば、販売した商品を「ギフト(贈答品)」として記載しないようにしてください。

Etsy ではお客さまに対し、国境を超えての商品の購入には追加の関税や税金がかかる可能性があるという情報を表示しています。 セラーとお客さまが異なった国に居住している際には、Etsy はお客さまに対し、追加の関税や税金が適用される場合があることをお知らせしています。 これは、お客さまに、これらの追加料金を払う必要があるかもしれないことを明確にするためです。

追加の関税や税金についての情報がどのようにお客さまにお知らせされているかについて、詳しくは こちらのヘルプ記事 をご覧ください。

関税および輸入税について、さらに詳しくはこちら でご覧いただけます。

プライバシーポリシー

EU のお客さまへ販売するセラーとして、お客さまの個人情報をどのように使用するかを明示しておくと良いでしょう。 ショップポリシーにあるプライバシーポリシーをよく確認し、お客さまとの取引ややりとりの結果入手した情報をどのように使用するか説明したオプションを選びましょう。

お客さまの情報の使い方について妥当なオプションが見つからない場合は、 「その他」 を選び、詳しく記入しましょう。 このオプションを使う際は、Etsy にはセラーが従うべき独自の プライバシーポリシー があることをお忘れなく。

この記事は役に立ちましたか?

その他のお問い合わせはこちらからどうぞ。