EchelleTOKYO

日本独自のオリジナルブレードを使った雑貨等を作っています。

東京都, 日本 | 0 セールス

EchelleTOKYO

日本独自のオリジナルブレードを使った雑貨等を作っています。

東京都, 日本 0 セールス Etsy ショップ創設年: 2017

ショップオーナー

連絡する

お知らせ   Echelle.tokyoを運営している、ScaleCraft inc.です。
今まで帽子用の素材として使われてきたbraidedを使って、色々な「形」にしていく新しいプロダクトにチャレンジしています。
※braidedを縫製したMATERIAL及び、オリジナルのbraided商品に付いては、日本において「特許及び意匠登録」を出願してあります。

日本製の高品質で安全な糸(綿、シルク、ウールなど)を使って、織物の街「Kurashiki」でオリジナルのbraidedを作っています。

縫製は数々のメージャーブランドのOEMをこなしてきた、ScaleCraft inc.が責任を持って作り上げています。

現状少人数のアトリエで生産をしている為、大量には作れませんが、スタッフ一人一人が思いを込めてミシンを踏んでいます。

まだまだ商品点数が少ないですが、これから色んなジャンルの物も「形」にしていきますので、ゆっくりと期待していて下さい。
いつか、お気に入りの商品に巡り会えることを楽しみにしております。

お知らせ

最終更新日: 2017年 08月 3日

Echelle.tokyoを運営している、ScaleCraft inc.です。
今まで帽子用の素材として使われてきたbraidedを使って、色々な「形」にしていく新しいプロダクトにチャレンジしています。
※braidedを縫製したMATERIAL及び、オリジナルのbraided商品に付いては、日本において「特許及び意匠登録」を出願してあります。

日本製の高品質で安全な糸(綿、シルク、ウールなど)を使って、織物の街「Kurashiki」でオリジナルのbraidedを作っています。

縫製は数々のメージャーブランドのOEMをこなしてきた、ScaleCraft inc.が責任を持って作り上げています。

現状少人数のアトリエで生産をしている為、大量には作れませんが、スタッフ一人一人が思いを込めてミシンを踏んでいます。

まだまだ商品点数が少ないですが、これから色んなジャンルの物も「形」にしていきますので、ゆっくりと期待していて下さい。
いつか、お気に入りの商品に巡り会えることを楽しみにしております。

Echell.tokyo

ショップオーナーに連絡

Echell.tokyo

ショップポリシー

その他の情報

最終更新: 2017年 12月 23日
よくある質問
お手入れ方法

[SEN] BRAIDED Seriesのお取り扱いについて
ブレードを使用した商品のお取り扱いと修理について
ブレード素材について

素材としては「生地(織った物)」より「ニット(編んだ物)」に近い特性を持っています。
なので、ブレードは動きます。
商品によってはその動きが良くない面として出てしまう事がある為、裏に芯地を貼って動きを止めている商品も有ります。
型を固定させる溶剤は使っておりませんので、使っている内に商品その物が色々と馴染んできます。

糸は全て日本製、リネンは日本で染色した物を使用しております。
安全性にはかなり気を使っていますが、もし、肌に合わないときはご一報下さい。
返品等の対応はさせて頂きます。

過去に殆ど存在していない商品なので、開発時から実用試験も平行しながら気になるとこは細かい所でも順次修正していますし、今後もしていきます。
品名のVersionが上がったら、何か進化したと思って頂けたらと思います。
洗濯等について

・汚れ等が気になるときは、中性洗剤を溶かしたぬるま湯に浸け、軽く押し洗いをする事をお薦めします。

注意)洗濯機、乾燥機は使わないで下さい、ブレードが変形して元の型に戻らない可能性があります。

乾燥は平らな板や網などに寝かせ、内装を整えてから軽く全体を叩いて型を整えてから室内で陰干して下さい。

注意)吊すと歪む原因に成ります。

特に薄い色の商品は汚れが目立つ可能性が高いです。ご心配でしたら、お使いになる前に防水スプレーなどを使われると良いかと思います。

注意)防水スプレーは必ず屋外で使用して下さい、室内での使用は危険です。

braidedってなんですか?

従来、帽子の材料として使われてきたもので、一般的には天然草やペーパーなどで編んだテープの事を呼びます。

[SEN] BRAIDED Seriesでは7本編みのテープをメインに使っています。
指定糸(綿、シルク、ウールなど)が3本、ベースとなる「かすり染めのリネン」が4本、強度を保つ為のフレーム用として外からは見えませんが、太番手のポリエステル糸が4本使われています。